チップ型LEDの工場

チップ型LEDの製造業

端子が2本出ていて、発酵部分が透明な樹脂で覆われている砲弾型のLEDに比べて強い光をより広角に照射できるため、照明分野で幅広く使われているのがチップ型LEDです。表からハンダ付けするLEDで、表面実装型と呼ばれており、照明に使われるLEDの主流になっています。様々な大きさや形状があり、メーター照明や液晶バックライト、モニターバックライトなどに使われています。

チップ型LEDの工場一覧

産業からチップ型LEDの工場を探す

都道府県からチップ型LEDの工場を探す

北海道・東北

関東

東海

関西

九州・沖縄