デマンド監視の工場

デマンド監視の製造業

使用電力の最大需要電力のことをデマンドと言い、デマンド値が大きくなると契約電力の基本料金が高くなります。そのため、省エネや電力コストの削減を目的として、デマンド監視装置を取り付けます。デマンド監視は主に高圧電力を使用する工場などで利用され、設定した目標電力を超えるとアラームが鳴り、契約電力を超えないよう監視することが出来ます。

デマンド監視の工場一覧

産業からデマンド監視の工場を探す

都道府県からデマンド監視の工場を探す

東海