絶縁抵抗計の工場

絶縁抵抗計の製造業

工場で使用されている電気機器や電気設備では、長年使用していたなどが原因で充電部と非充電部の間の絶縁が劣化するとショートや感電の恐れがあり危険です。このため定期的に絶縁抵抗計を用いて測定しています。絶縁抵抗値は高いほうが十分に絶縁が取れているということになります。電気設備技術基準58条では、使用電圧ごとに必要な絶縁抵抗値が定められており、この基準を守る必要があります。設備の新設時は絶縁抵抗値は 1MΩ以上が望ましいとされています。

絶縁抵抗計の工場一覧

産業から絶縁抵抗計の工場を探す

都道府県から絶縁抵抗計の工場を探す

東海

関西