Maker Faire Tokyo 2018

取材・展示会

Maker Faire Tokyo 2018

はじめに

Maker Faire Tokyo 2018 が、8月4、5日に、東京ビックサイトで開催されました。「地上最大のDIYの展示発表会」をうたうだけに、会場は多くのMaker(メイカー)で活気に溢れていました。本記事では、そんな会場の雰囲気をお届けしたいと思います。

1、Maker Faire Tokyoとは

Maker Faireは、DIY文化の本場アメリカで生まれた 「地上最大のDIYの展示発表会」 です。特殊で高度な技術を持つ、少数の技能者ではなく、モノを作ることに喜びをおぼえる メイカーたちの祭典 。そのため、ひとくくりにはできない多面性を持っているようです。

その一部はサイエンスフェアのようであり、一部はカントリーフェアのようでもあり、そしてまったく新しい何かでもあるMaker Faireは、あらゆる年齢の技術愛好家、クラフト作家、教育者、物をいじくりまわすのが好きなティンカラー、ホビースト、エンジニア、サイエンスクラブのメンバー、作家、アーティスト、学生、そしてビジネスを行う出展者が参加します。彼らは、自分が作った物を見せるために、そして自分が学んだことをシェアするためにMaker Faire に参加します。」

引用元: Maker Faire Tokyo

Maker Faire Tokyoは、その日本版。家族で楽しめるスペースやイベントも用意され、夏休みに入った多くの子どもたちが参加していました。

画像引用元:Make:

とりわけ記者が気になったのは、ずーさんとトボリさんの夫婦コンビ。専業主婦のトボリさんは、2年前から電子工作にはまったとのこと。今回出展した作品「おしゃべりコースター」は、エンジニアのずーさんの助けを借りながらのプログラミング。できるところまで独力で進め、わからないところがでてきたら、ずーさんに尋ねる。DIYの理想的な形の一つですね。

ずーさんとトボリさん


「おしゃべりコースター」

トボリさんのホームページ:http://toboli.hatenablog.com/

2、会場の様子をお届け

今年は過去最大規模 とのこと 。とても二日間で、回りきれるようなものではありませんでした。会場は以下の9つのゾーンに分かれ、それに加えて3つのゾーンがありました。

A:キッズ&エデュケーションゾーン
B:クラフト&デザインゾーン
C:FABコミュニティ&デジタルファブリケーションゾーン
D:フード&ファームゾーン
E:モビリティゾーン
F:サイエンスゾーン
G:ロボティクスゾーン
H:エレクトロニクスゾーン
I:ミュージック&サウンドゾーン
DR:ダークルームゾーン
S:スポンサーゾーン
SW:SFムービーゾーン

これを見るだけでも、そのスケールの大きさが十分に伝わるかと思います。
全体的に、 AI(人工知能)IOT(モノのインターネット)ディープラーニング といった時代を反映する技術が目立ちました。そして、もちろん ドローン も。記者が、当初描いていたような素朴なクラフトとは一線を画す作品で、会場は埋め尽くされていました。
メイカーにとって、 デジタルファブリケーション は、もはや当たり前であるようです。
では、そんなMaker Faire Tokyoで見かけた作品群中から、以下の三点を紹介してみたいと思います。

① Shrimpot(シュリンポット)


画像引用元: しっかり猫と、まったりフェレット

シュリンポットは、シュリンプ(エビ)とポット(容器)の二つの言葉からなる造語。
小さなポットの中には、エビ、バクテリア、水草が小さな生態系を作り上げて、お互いを助け合って生きている。
シュリンポットは、高価な水槽設備を必要せず、「一本のビンがあれば誰でも水草水槽が作れる」。子供や、忙しい大人でも気軽に楽しむことができますね。
会場では、様々なシュリンプポットが展示されていました。

② Zukku(ズック)


画像引用:ハタプロ・ロボティクス株式会社

ズックは、手乗りサイズの対話型AIロボット。その高さは、わずか10㎝。カラーバリエーションも豊富。見ているだけでもワクワクとしてきます。
ズックは、人間を認識すると話し始めます。商品説明、観光案内、飲食店、オフィス、そしてイベント。様々なシーンでの活躍が期待されています。

③喧嘩演算

「アイツとガチでやりあったら、どうなるんだろう…」
アトム(モノ)の世界ではできないことを、ビット(コンピューター)の世界で実現。

不良漫画の世界ではなく、一般社会に生きる普通の大人には到底出しようのない答えを、コンピュータがシミュレーションします。
身体能力や性格テストを元に、ユーザの戦闘ポテンシャルを数値化し、能力を持つCGアバターを生成。
そして、アバター同士が3D物理演算で取っ組み合う様子を見守る、喧嘩シミュレーターです。

引用元:喧嘩演算

単に数値だけではなく、取っ組み合う様子を見られるのが魅力的ですね。気の合う仲間たちと、あるいは部署内などでトーナメント戦を企画すると面白そうです。

3、まとめ

アメリカで生まれたDIY文化は、ガレージの一角から始まりました。DIYは、 クリス・アンダーソンの名著 『MAKERS』 で指摘されているように、デジタルファブリケーションが当たり前の時代に入っています。
更に、デジタルファブリケーションを可能にする、新たなプラットフォーム作りにまで、DIYは進んでいます。
一方で、日本の「ものづくり」は、家の敷地の一角に小さなバラックを立てたところから始まりました。そして、それはMade in Japanへと昇華しました。
では、DIYと「ものづくり」はどのように融合するのかそこにどのような果実が実るのか
そんなことを考えさせられた、Maker Faire Tokyoでした。
その動向に目が離せません。

Fabit編集部

Fabit編集部

Fabitは、「日本一わかりやすい製造業紹介メディア」です。
当メディアは製造業にスポットライトを当てて、今まで交わることのなかった工場と工場、工場とヒトが交わることにより、新しいイノベーションの芽が生まれることを目指しています。

Twitter
Facebook
Instagram