Fabitをリリースしました。

お知らせ

Fabitをリリースしました。

はじめまして。「日本一分かりやすい製造業紹介メディア」Fabitです。
Fabitとは何か?なぜ運営しているのか?について詳しい説明はこちらに譲るとして、
今日はFabitの現状とお願いについて書きます。

Fabitが現在やろうとしていること

製造業の大きな課題の1つとして、情報格差が大きいことが挙げられます。
製造業に従事されている方々とそれ以外の方々との間には、知識や経験などの前提の面で大きな隔たりがあります。

例えば、プリント基板、板金加工、レーザー加工など、どれも経済的な規模も大きく、人々の生活の礎となるモノ・技術ですが、これらの知識の触りですら理解できる人は限られてきます。
経験したことがある人となると、なお限られてきます。

製造業者間でさえ、具体的には「発注者と受注者間」でも、発注側が依頼するときに、背景知識が足りないために発注先を探すのにも一苦労するという話はよく聞く話です。

もっと工場の姿が見えたり学びの場が増えるなどして、情報格差が縮まり、効率の良く信頼性の高い受発注や共同研究・開発をすれば、アイディアが実現される可能性がもっと高まったり、もっと効率良くモノ・サービスが提供できる可能性が高まるのに・・・と思います。

そんな情報格差を少しでも減らすために、私たちは現状、工場のプロフィール、解説記事や動画を充実させていこうとしています。

Fabitからのお願い

冒頭に「日本一分かりやすい製造業紹介メディア」と言いましたが、正確に言えば、「日本一分かりやすい製造業紹介メディアを目指している」状況です。
Fabitがそんなメディアになるには、解決すべき課題が山積しており、やらなければならないことがたくさんあります。

私たちは東京都の小さなITベンチャー企業です。メンバーは全員で3人しかいません。
Fabitは2018年3月にサービスをリリースしたばかりです。
正直な話、現在社内では掲載させていただけるだけで、全員が明るくなるくらい嬉しいニュースです。

『日本一分かりやすい製造業紹介メディア』を作り、製造業にスポットライトを当てて、今まで交わることのなかった工場と工場、工場とヒトの繋がりを増やし、新しいイノベーションが生まれるサイクルをつくる。
そんな大きな夢に対して、人的な面でも金銭的な面でも知識や経験的な面でも、大きく不足しています。
そんな中、同じ思いを持った方々と一緒に同じ方向を見て、製造業を底上げしていけたら、この上なく嬉しい出来事です。
例えば、工場を掲載させていただいたり、解説記事を書かせていただいたり、業界の情報交換をさせていただくなど、製造業の未来を作り上げていくことに関係することであれば、どんなことでも嬉しいです。

製造業関係者の方、興味がある方、同じ思いを抱いているその他どんな方でも、一緒になって製造業の未来を作り上げていきませんか?

Fabit編集部

Fabit編集部

Fabitは、「日本一わかりやすい製造業紹介メディア」です。
当メディアは製造業にスポットライトを当てて、今まで交わることのなかった工場と工場、工場とヒトが交わることにより、新しいイノベーションの芽が生まれることを目指しています。

Twitter
Facebook
Instagram