アルマイトとは何か?を解説します!

製造業の基礎

アルマイトとは何か?を解説します!

こんにちは!なんとか重工の「ケロ」です。

今回はアルミ玉にアルマイトをかけてみました。
アルマイトというのはアルミ特有の特性を利用し、強化した表面処理です。
と、言ってもよくわからないと思われるので、以下で詳しく説明していこうと思います。

この動画の前に、アルミホイルを叩いて玉を作るという、ツイッターでバズっていたネタを真似してアルミホイル玉の動画を作りました。
他になにかやれることないか考えたところ、アルマイトに必要な、機材、材料は個人的な趣味で持っていたもので(なんでそんな物を持ってるんだって話ですが・・・)、アルミ玉にアルマイトでもかけるか!というノリで動画にしてみました。

実際にやってみるまでは、元の素材が薄いアルミホイルなのでアルマイトをかける際に溶けちゃったりするのでは?と、予想していました。
実際に作業を進めてみると、普段とは違う反応(主に隕石タイプ)がでていたので、少しビビりながら作業をすすめていましたが、結果的に満足できる内容になりました。
剥離液につけた時の匂いが強烈でびっくりしましたが・・・。

知らないだけで実は身近なアルマイト

工業系にあまり縁のない一般の方にはアルマイトって聞き慣れないと思いますが、普段、普通に使っているものにアルマイト処理をされた物が実は沢山あります。

例えば、
iPhoneやiPad
iPhoneやiPadの背面の黒、赤、ゴールドといった色付けはアルマイト処理で色付けされています。

ちょっと家の中を探しただけですが、他にも

窓枠のアルミサッシ
窓枠のアルミサッシ

釣りで使うリール
釣りで使うリール

iPhoneのアルミバンパー
iPhoneのアルミバンパー

一眼レフカメラ
一眼レフカメラ

鍋

メガネフレーム
メガネフレーム

これだけのアルマイトされたものがありました。
アルミ製で艶のあるメタリックな色合いのものは、大半がアルマイト処理された物です。

アルマイトという言葉は聞いたことがなくても、実は皆さんごく普通にアルマイトされた道具を使っていると思います。
画像の物以外にも、沢山ありますのでちょっと探してみても面白いかもしれません(笑)

アルマイトってどういうもの?

実はアルミも錆びてしまうんです。
よく、「鉄は錆びるがアルミは錆びない」と思われていますが、表面が酸化していることが錆とするならば、アルミの表面も酸化しているので、実は「アルミも錆びている」ことになります。

ただ、錆びている状態が、
・鉄のように「茶色く錆びている」か
・アルミのように「錆びているのに綺麗」か
の違いがあります。

そもそもアルマイトとはどういうものでしょうか?
アルマイトというのはアルミ特有の特性を利用し、強化した表面処理です。

アルミは表面を酸化被膜で守られているおかげで腐食しにくい金属です。
アルミの酸化皮膜は薄く、透明で空気を通さないほど緻密にアルミの表面を覆って内部のアルミを守ります。
酸化被膜は空気中の酸素と反応して作られているのでアルミの錆とも言えます。

ただ、自然に形成される酸化被膜はとても薄いため、使用される環境によっては、あっさりと破壊されて腐食してしまいます。

その問題を解決するためにおこなうのがアルマイト処理です。
人工的に酸化皮膜を形成させる表面処理のことをアルマイト処理といいます。
人工的に作ることで自然に形成されるものよりも厚く丈夫な被膜を作ることができます。

アルマイトを施された表面は電気が流れなくなるという特徴もあります。

アルマイト処理って何のためにするの?

アルマイトを施すことで、

・多彩な色を付けられる。
・腐食しにくくなる。
・表面が硬くなるため傷がつきにくく、摩耗しにくくなる。

いいことづくめの効果をアルミ製品に付加できるので、ほとんどのアルミ製品にアルマイト処理は施されています。

アルマイトは日本の研究所によって実用化された!

今となっては世界中で当たり前のように利用されているアルマイト。
※「アルマイト」は和製英語で、英語だと「Anodize」といいます。
実は日本の研究所が実用化に大きく貢献しています。

当時、電解処理によって人工的に酸化皮膜を作ることはできていたようですが、処理後の耐腐食性が課題だったようです。
動画内でも登場していた封孔処理(ふうこうしょり)を理研科学研究所が発見し、実用化、普及に努めました。
どうやら、実験中の不注意による失敗が元になり、アルマイトの実用化への突破口になったようです。

参考資料URL
http://www.riken.jp/pr/publications/news/2005/
http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/publications/news/2005/rn200505.pdf(10ページ)

アルマイトは個人でもできる?

動画内でも分かるように、とても簡易な器具によってアルマイトをかけています。
よって、個人でもアルマイトはかけることが可能です!

ですが・・・処理液を液体で保存、管理することの手間、処理そのものをおこなう手間や、初期投資費用を考えると・・・
業者に出してしまったほうが楽で綺麗で安上がりになりがちです(笑)

最近はネット注文で個人からの依頼を受けてくれる業者も増えているため、自身でアルマイトをかける意義はどんどん薄れつつあります。
そう言ってる僕は各種、機材、材料を買っちゃってます。
しかし、沢山、数をこなす予定がないのであれば、業者に依頼することをおすすめいたします(笑)

冒頭にも貼りましたが、こちらは今回作ってみた動画です!気になった方は、是非ご覧になってみてください。

以上、なんとか重工の「ケロ」でした!

Fabit編集部

Fabit編集部

Fabitは、「日本一わかりやすい製造業紹介メディア」です。
当メディアは製造業にスポットライトを当てて、今まで交わることのなかった工場と工場、工場とヒトが交わることにより、新しいイノベーションの芽が生まれることを目指しています。

Twitter
Facebook
Instagram